ホーム > よくあるご質問・サポート > 投資を学ぶ > 外国為替について > 外国為替とは

外国為替について

外国為替とは

外国為替とは何か?

海外旅行に行く時、その国やパスポートをチェックする他にお金のことも考える必要があります。それは外国では基本的に日本の円は使えないからです。円は銀行で旅行先の国の通貨(アメリカならドル, フランスならユーロ)に替えることができます。こうした異なった通貨を交換することを外国為替と呼びます。この時に適用される交換比率が外国為替相場です。ニュースで「1ドル○○円○○銭」と言われている、あのことです。

外国為替のイメージ

為替はどこで取引されている?

例えば銀行で円をドルに替えることもそのひとつです。ただテレビのニュースで聞く、あの外国為替レートはインターバンク市場(金融機関同士の取引)での相場です。それでは金融機関はどこで取引しているのでしょうか?
東京証券取引所のような建物や、魚市場や青果市場のような決まった場所はありません。外国為替は金融機関同士の間で電話やコンピューター端末で毎日取引されています。それらの取引全部を総称して外国為替市場といいます。もちろん日本だけでなく、世界各国で取引されており、特に東京・ロンドン・ニューヨークが世界の3大外国為替市場と呼ばれています。

為替はいつ取引されている?

為替の取引時間には定時の始まりと終わりはありません。外国為替取引は決まった取引所はないので、市場を開ける・閉めるという考え自体ないのです。日本時間で16時〜17時になると、日本国内での取引は少なくなりますが、そのころ朝を迎えたロンドン市場での取引が始まり、さらに22時頃にはニューヨーク市場の取引が活発になります。ニューヨーク市場が現地17時になる頃に日本は朝になり、取引は東京へ移って行きます。
つまり外国為替は24時間取引されているのです。

商品について知りたい方

投資情報を知りたい方

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。