ホーム > 商品情報 > 株式 > 株はじめてBOOK

株はじめてBOOK やさしく読めて、見て、分かる

証券投資の代表と言われ、値上がり益や配当等が期待できる株式投資。
株式とはそもそもどのようなもので、どのように取引を進めればよいのでしょう?
株式投資をはじめるに当たって、知っておきたいポイントをまとめました。

そもそも株式って何?

企業が発行する有価証券です

私たちが日ごろ耳にする機会も多い株式ですが、そもそもどのようなものなのでしょう。株式は、企業が資金調達のためなどに発行する有価証券。工場や店舗を作るなどの設備投資や、業務拡大などを行おうとすれば、まとまった資金が必要です。こうした資金を集めるために、企業は広く出資者(株主)を募り、株式を発行します。

株式投資の仕組み

株式投資の意義と注意点

出資者である株主にとっての株式投資の意義は、まず利潤を得られることでしょう。企業の利潤が出資分に応じて配当金として還元されたり、株式につく値段(株価)が上がることで値上がり益を期待できます。しかし、発行した企業が倒産すれば株式は無価値になり、投資元本が失われる危険性があることには注意が必要です。

ページ先頭へ

株主が得られるメリットは?

議決権

株主が得られるメリットとして覚えておきたいのが、株主総会に出席し、会社の運営や資産の使い方など、重要な議案の決議に参加できる議決権を得られること。株主が持つ重要な権利の1つです。

値上がり益

実利的なメリットとして挙げられるのが、購入時より株価が値上がりしたタイミングで売却すれば値上がり益を得られること。ただし、逆になると値下がり損を被ります。

配当等

配当等を受け取る権利を得られることも実利的なメリットの1つです。配当は企業の利潤を株主に還元する手段で、1株に対し業績に応じた配当金が支払われる仕組みです。ただし、業績等によっては配当を受け取れないこともあります。

株主優待

株主への感謝を表す方法として、自社製品などを贈る企業もあります。株主優待制度のある企業の株主になると、株主優待の特典を受けられます。

ページ先頭へ

株価はどうして変動する?

基本は需要と供給の関係です

株価は日々変動します。では株価はどのような仕組みで決まるのでしょう。結論を先に言えば、株価を決めるのは、モノやサービスと同じで需要と供給の関係です。将来株価が上がると見て買いたいと思う人が増えれば株価は上がりやすく、値下がりが心配で売りたいと思う人が増えれば下がりやすくなります。

企業業績や経済環境などに反応します

株価動向を見る上で、まず注目したいのが企業業績。業績がよく値上がりを期待できると思う人が多い企業の株価は上がりやすく、業績の悪い企業は下がりやすくなります。株価は企業業績だけでなく、経済環境によっても変化します。下に主な変動要因をまとめました。各要因が投資家の投資判断に与える影響を考えることが大切です。

株価を動かす様々な要因(↑↓は株価の上昇・下落を示しています)

ページ先頭へ

配当と株主優待の魅力を知ろう

安定的な収益源として期待されています

値上がり益だけでなく、配当や株主優待に期待して株式投資を始める人も増えています。配当への関心の高まりは、安定的な収益源としての期待が要因。上場企業の配当総額は2010年度以降、増加傾向にあります。一方、株主優待の人気の背景には、実施企業の拡大があります。上場企業約3,600社の約3分の1が、優待を実施しています。

特典を受けるための条件

配当や株主優待で注意したいのが、これらの特典は株主になれば必ずもらえるわけではないこと。権利の確定日に株主名簿に株主として記載されていることが条件で、そのためには、権利確定日を含めて4営業日前までに購入する必要があります(下図参照)。

配当や株主優待を受けるためには?

ページ先頭へ

インフレに強い株式の特性

インフレになると現金価値は目減りします

株式はインフレに強い特性がある点でも注目されています。インフレになって困るのが、モノやサービスの価格が高くなることで、現金の価値が目減りすること。仮に物価が2倍になると、現金の価値は半分になります。今まで1万円で買えたものが、2分の1しか買えなくなってしまうわけです。こうしたリスクの回避役として期待されるのが株式。景気を先取りして価格が動く株式は、インフレ時にも価格上昇が望めます。

インフレと現金の価値の関係

ページ先頭へ

どんな企業に投資できるの?

金融商品取引所に上場している企業です

上場という言葉をご存じでしょうか。上場とは、企業が金融商品取引所を介し、証券などの取引を開始すること。上場企業の株式は取引所を通して売買され、取引所が開いている時間は原則としていつでも取引できます。

上場とは?

国内にある証券取引所

国内で圧倒的な取引量を誇るのが東京証券取引所の市場第一部(東証一部市場)。日本を代表するほとんどの企業が上場されています。主要企業への投資を考えるなら、まずここに上場されている企業に注目すればいいでしょう。一方、新興企業が多いのが、東証マザーズやジャスダックです。新興市場は、将来性は高いものの、発行済み株式数が少ない企業が多く、株価変動が比較的大きい特性があります。

国内の証券取引所

ページ先頭へ

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。