そもそも相続税とは? そもそも相続税とは?

相続税とは、亡くなった人(被相続人)の財産が、その家族や親族等(相続人)に相続または遺贈(遺言による財産の取得)された場合に、財産の移転に対して課税される税金です。
一般的に、医療従事者の保有資産は他の業界と比べて大きく、そのぶん相続税額も多額となる傾向があります。いずれ医院を親族に継がせたいとのお考えをお持ちの方は特に、相続対策は重要です。
相続税の概算金額は、遺産総額と法定相続人の構成をもとに、計算することができます。下記「相続税早見表」を参考に、まずはご自身の財産にかかる相続税の概算額を確認してみましょう。

相続税額早見表 相続税額早見表

たとえばこんな相続対策 たとえばこんな相続対策

相続対策には、さまざまな方法があります。一般的な方法に加え、医療従事者ならではの方法も考慮したうえで、ご自身に合った対策を検討することが重要です。

  • 一般的な贈与制度の活用 一般的な贈与制度の活用

    一般的に、年間110万円までであれば、非課税で毎年贈与を行えます。また、例えば結婚・出産・育児資金、教育資金、住宅資金など、特定の目的を持った資金を贈与する場合、贈与税が一定の金額まで非課税となる制度があります。

  • 「小規模宅地等の特例」の活用 「小規模宅地等の特例」の活用

    個人開業医の方と医療法人共通の対策として、「小規模宅地等の特例」制度の活用ができます。これは、一定の条件を満たした場合に、土地の用途ごとに評価額の減額が可能な制度です。

  • 個人向け保険・法人向け保険それぞれの活用 個人向け保険・法人向け保険それぞれの活用

    医療法人で、大型の保障を確保しつつも急に資金が必要になったときに活用できる保険を契約する、個人で、相続税対策・納税資金対策のために終身保険を契約する等、保険を活用することで様々なニーズに対応できます。

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。